「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

Erikaちゃんからの手紙   



    みんなでうたおう!教え子卒業

   Dear SUSAN
     私が小学校2年のときからスーザンさんに
   歌を教えてもらっていました。
   入った時は、英語の曲ばかりで難しそうだな・・・
   ・・と少し不安でした。それに
   人前で歌を歌う事に慣れていなかったので、
   マイクを持って1人で歌う時は
   ものすごいキンチョ〜していました。
   でも、そういう時はメアリーちゃんやヒビキちゃん、
   サトミちゃんがいたのでだんだんと慣れていきました。
   英語の曲も家で練習したり教えてもらいながら
   歌えるようになっていきました。
   そのうち、ボーカルレッスンに行って
   友達と楽しく習える事が楽しみになっていました。
   習う人もどんどん増えていき
   楽しいレッスンとなりました。
   毎月3回、ボーカルレッスンに行き続け、
   あっという間の4年間でした。
   英語の曲もたくさん歌えるようになり、
   習っていてよかったナァと思いました。
   あらためて、スーザンさん
   ほんとうにありがとうございました。
   これからもずっと音楽を
   好き♪でいたいです。
           From ERIKA

    かわいくて。。緊張していたみんなが
   もう、中学生になる。。

   来週、再来週、その次の週かな。
   やっとレッスンが終った事を実感すると思う。。
   私こそ。。ありがとうございました。

   みんなに会えて幸せでした。。
   どんなことにもくじけないで、
   素敵なお姉さんになるんだよ!
                   SUSANより
   

   
f0017537_18375649.jpg

[PR]

by CB-and-PARK_susan | 2006-03-29 23:05

さァ!次へ。。   

    人に恵まれ。。

    私の支えは。。SUSAN Love !を示してくれる存在。。
    前に行く価値。。。

    。。今、 LOVE

       感じるからわたしは先に行けます!
    

    自信。
    いつだってやっていく自信があったのに。
    今、「自信ない?〜、かっこいいよ!素敵だよvv 」
    「もうちょっと、ここは、変えていこうか。。」
    「思いきって。。言わせてもらうと。。」

    「こんな感じは好きかな?」

    本気で関わってくれる人がいるの!
    web もリニュアル!
    
    一番側の人がいて
    その外側があって
    またその外側があって
    あるとき
    もっと外側を支えてくれている人が
    突然心に飛び込んでくる!

    わたしは
    貴方の為に
    何ができるのでしょう?

    私を 突き動かしてくれる人にLove!


       だから。。
   
      さァ!前へ。。
    
    

    
    
   
[PR]

by CB-and-PARK_susan | 2006-03-21 23:50

声、感情、表現。   


  

   歌手                  


                                    
   声が出なくなったらどうする?
   出なくならない様にタイセツにしてる。

   辛かった事 悲しかった事
   愛したこと 嬉しかった事。。
   感情が歌になると思って
   みんな心の引き出しにためてきたの。。
   
   今からの表現に感情なんて古くない?

   私の中の感情を表に現せれば
   触れたあなたに電流が走るでしょ?
   
   それで何をしたいの?
   それは。。。聴いて
   。。心から楽しんでもらいたい。
    
   君は何がたのしいの?
   君は何が好きなの?
   ひとりひとりみんなちがうよね。
   
   押し付けがましいのだけは無しだよ。。。。

   わたしはただ
   貴方の為に
   歌いたいの。。

   心のかけらがあなたの心まで届いたら
   それは唯一
   私が生きている
   瞬間なの。。。

   それの繰り返し。。。
   それの繰り返し。。。



   

   

   
   


   

[PR]

by CB-and-PARK_susan | 2006-03-06 02:37

悪魔のようなあいつ   

  さよなら久世さん

  久世光彦さんが突然逝ってしまわれた。

  またきっとお会いできるとずーと心の隅で大事に思っていた方と
  もうお話もできなくなった。

  久世さんと久世さんの時代と久世さんに教えていただいた数々の
  事が私が少女から大人に変わる青い春の全てでした。

  貴方の元で良い時代に生き、良い人たちと、
  良いお仕事をさせていただいた歴史は
  私にとって本当に想い出となってしまいました。



                                                            悪魔のようなあいつ

                                                         

                        

   久世さんに初めてお会いしたTBSでのオーディション
  白い襟の赤いブラウス、白いサスペンダー、
  怖いもの知らずの私でした。
  あのときに選んで頂けた事が
  貴方の世界に入る入り口でしたね。

  悪魔のみんなに無性に会いたくなりました。

  明後日は最後のお別れをするために
  久世さんのもとに伺います。。。

  
  さよならだけが人生ならば また来る春はなんだろう。。







                    
[PR]

by CB-and-PARK_susan | 2006-03-04 23:48